• 管理人

2018/07/20 今年度の大学院工学研究科中間発表が行われました

今年度も「北海道科学大学大学院工学研究科中間発表(ポスター講演)」が,2018/7/11(水) ~ 7/20(金)の間,図書館1階ホールで実施されました。これは,各専攻の修士課程2年の大学院生が、これまでの研究成果をポスターにしてまとめたものを掲示。

また,最終日の7/20(金)12:00~13:00はコアタイムとして,各院生がポスター前で発表・説明・質疑応答を行いました。

 

電気電子工学専攻からは,

● 三島吉尊君(増田ゼミ)

 「CIP法によるTOF過渡電流波形のシミュレーション」

● 西川凌平君(三橋ゼミ)

 「マルチコプターホバリング時の揺らぎ測定法の検討」

● 小林優輝君(三橋ゼミ)

 「山小屋における組電池を用いたオフグリッドシステムの検討」

の3人が発表を行いました。

 

当専攻の3人の学生の発表も含め,コアタイムには多くの教員や学生が訪れ,盛況のうちに今年度の大学院中間発表も終了しました。


さあ皆さん,引き続き修士論文の完成に向けてしっかり頑張っていきましょう。



85回の閲覧

© 2018 Department of Electrical and Electronic Engineering, Hokkaido University of Science. Proudly created with Wix.com