• 管理人

2020年度(第9回)道内4高専・道総研工業試験場・北海道科学大学との研究交流会が実施されました。

最終更新: 3月3日

今回で第9回となる道内4高専・道総研工業試験場・北海道科学大学との研究交流会が,今年度はTeamsを用いた完全オンラインで,2月25日(木)に開催されました。

北海道科学大学は,2016年に道内4高専と連携協定を締結したことをきっかけにこの交流会に参加しております。



当日は,当・電気電子工学科の小島洋一郎教授の開催挨拶でスタート。函館高専,釧路高専,苫小牧高専,旭川高専,道総研工業試験場,そして北科大から1件ずつの講演発表が行われました。


今年は北科大からは当学科教員で北方地域社会研究所(RINC)所長の木村尚仁教授が,

『「クラウドラボ」プロジェクトによる誰も取り残さないオンラインでの学びの場形成の取り組み』

というテーマで講演発表を行いました。



今回の参加者約50名で,活発な質疑応答も行われ,充実した研究交流会となりました。

最後は苫小牧工業高等専門学校 地域共同研究センター長の須田教授のご挨拶で終了となりました。


今回幹事をお務め頂いた須田先生はじめ苫小牧高専の皆さま,ご講演,ご参加の皆さま,誠にありがとうございました。

 



苫小牧高専Webサイトのニュースページでの紹介記事はこちらから

→ https://www.tomakomai-ct.ac.jp/news


木村尚仁研究室のブログ記事はこちらから

→ https://kimuran.hatenablog.com/entry/2021-02-25

 

45回の閲覧0件のコメント